大事なペットが病気になったら役立つペット保険への加入

ペットの寿命を検証

飼い主と動物

個体によって異なる寿命

一般的に、純血種よりも丈夫と認識されているのがミックス犬です。複数の犬種を掛け合わせると、その犬種特有の弱点がカバーされると考えられています。純血種の犬の場合には、遺伝的な弱点が少なからずあります。特定の病気に罹患しやすい犬種が多く存在するのが、純血種の難点です。平均寿命に関しても、最近ではミックス犬と純血種との違いが話題を呼びます。犬の平均寿命は、多くの場合その犬の大きさが一つの分かれ目です。大型犬よりも小型犬は概して長生きです。平均寿命の点でも、小型犬と大型犬では2歳から4歳程度の差が出ます。ミックス犬の場合は、どういった犬種のミックスかによっても寿命は影響されます。様々なミックス犬が誕生しており、平均寿命が分かりにくいのがミックス犬の特徴です。ミックス犬は、両親の特徴がどのように現れるかが予測不能です。容姿や性格、健康状態などは、生まれてみなければ分からないのが多くのミックス犬と言えます。ですので、一概に純血種よりも平均寿命が長いと言えないのが難しい所です。多くのミックス犬は、犬の平均寿命に当たる12から13歳で亡くなります。中には、平均寿命を遥かに超えて長生きをするミックス犬も見られます。病気などに罹患した場合、平均寿命まで生きられないミックス犬もいますので、純血種との大きな差はないのが現実です。両親の性質が良い状態で現れた場合には、丈夫な体を授かることもあり得ます。そういった場合は、当然のことながら寿命も相応に延びます。