大事なペットが病気になったら役立つペット保険への加入

皮膚の健康のために

柴犬

抜け毛が原因になることも

犬の健康のために必要なケアはいくつかあります。自宅でもしてあげられるのがブラッシングです。犬には犬種によってかかりやすい病気があり、柴犬は皮膚病になりやすいことを知っていますか。柴犬の皮膚の健康のために、ブラッシングはとても重要なのです。柴犬は年2回毛が生え変わる換毛期があります。特に冬毛から夏毛に生え変わるときは、大量の毛が抜けます。そのままにしておくと、柴犬の皮膚が蒸れてしまい皮膚病の原因となると考えられています。そのため、換毛期のブラッシングは重要で、抜け毛を取り除いてあげることで通気を良くするのです。また、柴犬はアンダーコートと呼ばれる内側の毛が密集して生える犬種です。このような犬種は夏の暑さや湿度など複数の要因から皮膚炎を起こしやすいとされています。そういったことからも、ブラッシングによる抜け毛対策が必要なのです。ブラッシングに必要な道具は、コーム、スリッカーブラシ、スクラッチャーです。また、獣毛ブラシがあると静電気が起きにくく、初めのホコリ取りとして使うことができます。コームやスリッカーブラシは持ち方があり、肌に強く当てないように使用します。スクラッチャーは抜け毛をかき出すための道具です。換毛期は特にブラッシングが重要になりますが、普段は散歩から帰ってきたときにブラッシングをするのがおすすめです。汚れや寄生虫を取り除くために必要ですが、ブラッシングをすることで血行が良くなり、毛にツヤが出るようになります。